ゲームなんとけ

ゲームとかパソコンとかのブログ

カテゴリ: VR

果からいうとそのままではダメでした。
というのも、うちのPCは既にVIVEで使っていたのでバーチャルデスクトップからVRソフトを起動するとPCにソフトが入っていないとオキュラスクエスト側で表示されます。いやソフト入ってるんですがね(´・ω・`)
それじゃあとPCで直接起動するとSteamVRは起動するもののコントローラーやHMDはVIVEの方に反応してまともに動いてくれません。
SteamVR側でHMDの変更とかできないかと思いましたが全く見当たりません。完全にVIVE用になってますw

他のPCに入れてみようと思いましたが、一からSteamVRのみって入れたことがないんですよね。VIVEは勝手にSteamVR入れてくれましたし。ということで、オキュラスクエストでSteamVRを使う情報をネットを探すものの既にSteamVRが入っている前提のものばかり。
まずは試しにいれてみるかー、とSteamからSteamVRをインストール。(別のPCにもSteam自体は入れてました。)
インストール後起動してみると、ヘッドセットを接続してくださいの表示が。まぁソウダヨネ(´・ω・`)
ダメ元でバーチャルデスクトップを起動して、オキュラスクエストと接続してみます。
オキュラスクエスト側にはPCのデスクトップ画面が表示されましたが、やはりHMDとしては認識できていない模様。

方ないのでまずはPCにオキュラスクエストをHMDとして認識させるべく、オキュラスリンクを設定することに。幸い前回買ってきたUSB3.0ケーブルがそのまま使えそうなので助かりますが、PCはグラボすらないクソPCなんですがねw
オキュラスクエストでSteamVRを使うにはオキュラスリフトのアプリを使う必要があるようです。オキュラスクエストをオキュラスリフトとして認識させる感じなんですかね。
とりあえず、公式に行ってオキュラスリフト用のソフトを取ってきてインストールします。
どこにあるのか迷いましたが、ココにありました。
オキュラスリフトよオキュラスリフトSの違いがよくわかりませんが、とりあえずオキュラスリフトの方をダウンロードして、インストール。
容量が結構あるのでそこそこ時間がかかりますね。
オキュラスアプリ001無事インストール終了。
次にヘッドセットの設定みたいですが、まずはログインしてフェイスブックへの許可とか何とかがいる模様。オキュラスクエストのときに設定したんですがリフトはまた別なんですかね。
一通り設定が終わると、ようやくヘッドセットの選択になるのでQUESTを選択。すると、ヘッドセットの接続を促されました。
プスリと繋いてテストを開始したところ、ちゃんと条件満たしたケーブルか確認しろや!のメッセージが。

マジでー( ゚д゚)

慌ててオキュラスクエスト側で見るとオキュラスリンク(ベータ版)を有効にするかどうかの確認メッセージがでてました。有効にするを選択して、PCの方に戻り再度テストをすると一回目の再テストは失敗したものの、もう一度試すと使用可能に。( ゚д゚)フー、ビックリサセヤガル

オキュラスアプリの設定は終わったようで、いつものメイン画面になったので、改めてSteamVRを起動。

状況変わんないんだけどーー( ゚д゚)

まて、あわてるな。こういう時は深呼吸だ。

( ゚д゚)Fooooooo

少し落ち着いたので、冷静にSteamVRをアンインストールして、再度入れなおしてみる。

オキュラスアプリ002きたわー( ゚∀゚)
この後のSteamHomeの起動までにえらく時間がかかったけど、やっぱりPC性能なのかなぁ。こちらのSteamHomeにはアプリが全然ないので、VIVE用PCで入れてたやつをこちらに入れ直してみたところ、
オキュラスアプリ003
無事うごきましたヽ(´▽`)ノ

、いよいよケーブルを外しての、バーチャルデスクトッププレイ( ゚∀゚)
まぁ、結論をいうと何も問題なく動いちゃったのですが、一点注意すべき点が。
バーチャルデスクトップ接続後にSteamVRを起動するときに、Oculus公式アプリから起動してはいけない、ということです。
Oculus公式アプリのライブラリにもSteamVRがあるのですが、そこから起動しようとするとUSBケーブルが繋がってねーぞ!と怒られますw
なので、バーチャルデスクトップのメニューから起動するか、SteamVRアイコンで直接起動するようにしましょう(・ω・)ノ

と通り作業が終わってみれば、VIVEのPCにオキュラス公式アプリ入れたら実は動いたんじゃね?という気もしないでもないです(笑)
そういえば最初にソフト入ってねぇって怒られたけど、あれってゲームのことじゃなくてオキュラス公式アプリのことだったのかしらん。
機会があれば試してもいいけど、きっとやらないだろうなぁw



ンバサダーってなんぞや?( ・ω・) と思ったら、「大使」だそうです。なんとか親善大使みたいな?
https://www.dmm.com/rental/iroiro/tieup/htcvive.html/
(↑要DMMログインぽい)

>VIVEアンバサダープログラムとは VIVEやVIVEPORT製品の魅力を積極的に発信する方々のために、もっとVRを楽しめるようにご提供させて頂くプログラムです。


うん、VIVEはいいよね。
オキュラスクエストも使ってみて、クエストはクエストでスゴいんだけど、スマホ+ゴーグルのセットのスゴいやつって感じなんだよね。特にヘッドセットが縦にずれると(結構ずれやすい)一気に視点がボケるのはスマホVRッポイです。
その点で言えばVIVEは没入感はすごく安定してるのでやっぱり専用機だなぁと思います。後ろのケーブルが重くてヘッドセットが安定してるだけかもだけど(笑)
VIVEはいいと思うんだけど、

VIVEPORT お前はダメだ( ゚Д゚)

オキュラスホームもそうだけと、もうSteamでいいじゃん。安いし。 運営元がいっぱいできても結局途中で移管とか終了とかになって利用者が迷惑するのよね(´・ω・`)
やるなら、Steamをぶっちぎるくらいのメリットを用意してほしいと思います。
ういえば、このアンバサダーの募集もDMMでやってるポイしそっち側のメリットを用意するつもりなのかー( ゚Д゚)
思い返せばオキュラスクエストも起動したらDMMがバーンとでてた気がする(笑)

て、オキュラスクエストをより一層活用すべくバーチャルデスクトップを買うことにしました。
そういえば、VIVEのバーチャルデスクトップって、元々がPCなのでディスプレイをバーチャル空間に出すだけのイメージだったんだけど、オキュラスクエストは遠隔操作ソフトみたいな感じになってたのでちょっと解説とか読んでて混乱しちゃいましたね。
話をもどします。

Oculusのアプリ代金の支払いはクレカPaypalしか対応してないんですよね(´・ω・`)
SteamみたいにWebmoney使えればいいのに・・。

とりあえず以前、アイドルうぉーずのFCに入った時のことを考えるとVプリカギフトがよさそうということで、早速ローソンで買ってきました。額面3000円の3250円。ナンダカナー(´・ω・`)
で、オキュラスアプリを起動して支払い方法の変更からVプリカギフトを追加しようとしたところ、

「使用しようとしているカードが有効になっていないか停止されている」
とのエラーメッセージ( ゚д゚)マジカー

ちなみに前回使ったバニラVISAも同じエラーメッセージ、JCBPremoに至ってはカード番号すら認識しませんでした。

次の手としては

①Vプリカギフトじゃなくて、Vプリカアカウントを作って登録する。
②Paypalに登録する。

①はギフトはダメでも正式アカウントならいけるサービスはいくつかあるので試す価値はあります。ただVプリカのアカウント登録って結構正確な情報登録を求められるんですよね(´・ω・`)
その点はPaypalも同じなんですがPaypalの方がなんとかなりそうな気がしたので②の案を採用。

早速、Paypalのページから登録をします。
認証番号送信用の電話(SMS)番号を求められるので登録すると、すぐに認証番号が送られてくるので入力。
すると、カード情報の登録画面に。
ここで注意するのは、支払いに使う予定のVプリカギフトは名前の変更ができないところ。ギフトじゃないVプリカだと変更できるらしいですが。
なので、Paypal登録の名前はVプリカギフトの名前じゃないとダメ(別の名前は試してないですが登録名義が一致しないとダメとどこかで見ましたw)みたいなので、VPRE CAという胡散臭い人名で登録wちなみにVPREが姓でCAが名です。(公式にも説明があります。)
あとはカード番号通りの情報を入力デス。

次に請求書住所とかを適当に入れてポチっとすると、無事登録完了です( ゚∀゚)ワーイ
あまりにあっさりしてるのでちゃんとカード登録されてるのか不安になりますがw

今度はオキュラスアプリに移動して、Paypalアカウントを登録します。こちらは特に引っかかるところはなかったデスね。
で、バーチャルデスクトップも無事購入できましたーヽ(´▽`)ノ
Vプリカギフトの履歴を見るとなんか20円引き落とし→キャンセルになってるので、これで登録時の認証をしてるんですかね。オキュラスで直接使えないのはなんだろう?(´・ω・`)

りあえず無事購入できましたが、Vプリカギフトはチャージができないので、また別のアプリ買うときはPaypalの登録カードを変更しないとダメなんですよね(´・ω・`)
前回のあいうぉFCのときの中途半端に余っているVプリカギフトもそうですが、半端な残金をまとめるにはVプリカアカウントを作らないとなので結局はアカウント作らないとだめなのかもデス。


回はSideQuestをオキュラスに突っ込んでみます(・ω・)
(正確にはオキュラスクエストには突っ込めないですねw)

SideQuestが何をやれるのかもいまいちよくわかんないのでとりあえず使ってみないとね。

良い記事があったのでここを参考に進めていきます


まず、PCでオキュラス公式ページの開発者ページにログイン。
開発団体の名前を求められるので適当なのを入力。

オキュラス003で開発者ページに移動するので、そこからADBドライバーをダウンロードなのですが、横のメニューにもそれらしいのがないので、どこだ?と思ってましたが、下の方にありました(・ω・)
よくみたら開発者ページじゃなくてもダウンロードありましたねw
ちなみに目的のブツは
Native Mobile→ToolsのところにあるOculus ADB Driversです。
先ほどのMoguLiveの記事には直リンがありますね。
ZIPファイルを展開して、MoguLiveの記事どおり【“android_winusb.inf”を右クリックでインストール】で問題なく終了( ゚∀゚)
順番は逆になりましたが、SideQuestの公式からWindows用のヤツをダウンロードして、そのまま実行してインストール。こちらも特に問題なし。
Oculus公式アプリからの操作になるのでスマホの出番です。
設定→その他の設定から開発者モードをオンに。
最初記事よんだときは、中身変えちゃって大丈夫かなと心配しましたが、オキュラスというよりアンドロイドの開発者モードなんですね、これ。
敷居が一気に下がった気がしますw
で、今度はPCとオキュラスクエストを繋ぐのですがここでトラブル
ケーブルがクソ短いのしかなかったので、PCとの距離が20cmほど。

かぶることすら困難ですw

仕方がないのでケーブルを買いに行くことに・・・。

C= C= C= ┌(;・_・)┘

と、いうことで買ってきましたが、USB3.0のType-Cケーブルって全然売ってないんですね。
PC用はプリンタとか大きいHDD用の四角いコネクタか、薄型HDDようの平べったいけど幅が倍くらいのしかないし、スマホ用はUSB2.0ばかり。なんとか見つけても充電用で長くても30cmとか。
数軒回ってなんとかELECOMのやつを見つけましたが、結局1mしか置いてませんでした(´・ω・`)
使う予定のある人は通販で買ってくのがいいかもですねー、安いですし。

、早速、繋いで見ましたが、出るはずの【USBデバッグを許可するための確認画面】がでてきません。
とりあえず一回ケーブルを抜いて再起動。で、ケーブルを挿しますが状況変わらず。
設定を確認しようとしたところ、
「デフォルトのフィードを見る」と「開発者フィードを見る」の選択があったので、開発者を選択してOKしたところ、エラーが発生しましたと表示されています。
スマホから開発者モードのオンオフしても状況が変わらないので、とりあえず、そのまま進めてみることに。

PC側でSideQuestを立ち上げてみますが、左上のオレンジのマルがしばらく接続を試みているものの結局「NotDetected」の表示で赤マルです。
ケーブルを抜いてPC側を再起動。やっぱり状況は変わらない。
今度はUSBのポートをとなり、正確にはとなりのポートに挿さっているUSBハブ(2.0)に接続。
確認画面キター( ゚д゚)
問題の切り分けをしておきたいので、一旦キャンセルして色々テスト。
・USBハブ無しで繋ぐ→〇
USB2.0のせいかと思ったけどそうでもないみたい。で、もとのポートに繋ぎなおしてみると

繋がったわ( ゚д゚)

最初のエラーはなんだったんだーヽ(`Д´)ノ
まぁ、技術系トラブルってこういうの多いけどね。
ちなみに設定画面のエラーはやっぱり出っぱなしなので、そういうものみたいですw

とりあえずさくっと許可すると、SideQuestの左上のマルが緑になり、接続ができました( ゚∀゚)

SideQuest自体がいまいちよくわかってなかったのですが、Steamみたいなアプリ配信環境みたいです。
SideQuestにあるソフトも無料かと思ったらデモ版や有料のもありますね。とはいえフリーがかなり多いので適当に遊ぶには十分そうです。セキュリティ面にはかなり不安がありそうですがw

にやりたいゲームもなかったwので、こないだ書いた進撃の巨人をやろうとサイトへ飛んでダウンロードしようとしたところ、

有料かよ( ゚д゚)ノシΞΞ🍣バシ

おわり

に帰ってオキュラスクエストを起動したところ、妙に起動遅いなーと思っていたら、なにやら設定っぽいのが画面に表示されました。

ハンドトラッキングっていうやつらしいのですが、コントローラーをどっか置けということなので置いてみると
手の影が画面にでてきた!( ゚д゚)
操作が独特なので慣れるまでは少し戸惑いましたが、ホントに手だけで操作ができる!
なんかスゲー( ゚д゚)という感じデスw

この機能、実は結構前に実装されてたらしいです。

なんで今日急に表示されたのかは謎ですが(・ω・)

それにしてもえらい時代になったもんですねー。

だ使い始めて数日しかたっていないので、そんなに大したことはわからないのですが、

アプリがかなり少ない( ゚д゚)

これはVIVEの公式のVIVEPORTもそうだったんですよね。
VIVEPORTってまだあるんでしたっけ?(笑)

VIVEPORTはSteamVRとのデータ連携がないのが致命的で、VRChatを最初VIVEPORT版でやってたので結局アアカウント消さなきゃいけなくなって大変でした(´・ω・`)
たぶん、オキュラスアプリも同じなんだろうなぁ。

Riftは持ってないので知らないのですが、VIVEに関して言えば、SteamVRがあればVIVEPORTは全くいらないです。前回起動したのも数年前ですし(笑)

そういう状況なので、VIVEの場合はSteamVRが主になるのですが、Steamの方でそこそこフリーのアプリがあるのでお試しでも色々遊べました。が、Questは、特に無料のソフトに関して言えばホント数個くらいしかないです。
デモ版みたいなのはいくつか入っていますが、知り合いにVRの凄さを伝えるには厳しいですねー。
使えそうなのは【Beat Saber】くらいですかねー。
個人的にはMocuMocuDanceとか見せたいところなんですがw

料のソフトも面白ければ買ってもいいんですが、VIVEで無料で使えたやつとかが普通に売っていて、絶対に価格に見合ってないと思われるものもあるのでちょっと気がのらないですね。
デモ版のやつをいくつかやってみましたが正直微妙でした(´・ω・`)
あとは妙に動画系が多い気がするのはスペックのせいなんですかね?
ジュラシックなんとかってのが、面白そうと思ってやってみたら、ただの360動画でした(´・ω・`)

EPICローラーコースターあたりは、普通にVRアプリな感じなので紹介するときにはいいかもですね。課金のコースは買おうとは思いませんが(・ω・)

人的には【ネコぱらいぶ☆】【Muv-Luv VR】あたりが最初のVRにはいいと思うんですが、Steamじゃないと無理ぽいのかな。
あ、そういえば自分がVR始めるきっけかになった進撃の巨人とかないのかなと思って調べたらどうもあるらしい。それもファンゲームで( ゚д゚)

つまり、公式以外のアプリも使えるということみたいですね。もちろんSteamとかもそうですがSteamの場合は出力だけヘッドセットに投げてる感じなので、もし、Quest内に直接アプリぶち込めるなら劇的に使い勝手が上がりそうです( ゚∀゚)


キュラスクエストのセッティングからの続きです。
オキュラス002日を改めて、オキュラスアプリを起動すると、前回の画面がまた出てくるので、もう指示通りやるだけですね。
ペアリングや電源のオンすら勝手にやってくれます(・ω・)(要充電)
ちょー、らくちんなんだけどw
設定前までの苦労が嘘のようです( ゚∀゚)
次にWifiの設定が来ますが、Wifi の設定はスマホがWifiルーターにつながっている状態であればそれを引用してくれるので設定が楽です。wifiの暗号キーは自分で入れないとですが。
あ、あと前回苦労したコントローラーの電池の入れ方も写真付きで説明してくれてました(^-^;;;
コントローラーのペアリングの後、またもやクレカ入力を促されますが、今回もスキップ可能ですね。
その後、注意事項が流れて、同意するを押せば完了です。まぁ、同意しないってボタンは無いんですがねw
オキュラス本体のファームウェアの更新に数分かかるのでしばし待ちます。
すると、どこからともなくふわーんという音が( ゚д゚)
これで気づきましたが、ヘッドホン端子が見当たらない。
もしかして音スピーカーで垂れ流し?( ゚д゚)
流石にこれはヤヴァイんじゃね?ということでネットを知らべたところ、横にある留め具かと思ってた穴がイヤホンらしいデス。左右にあるからてっきり留め具だと思ってましたw
ちなみにどっちにつないでもいいらしいデス。

ョコチョコと使って見た感想ですが想像以上ですね。
PCなしでこれだけ行けるなら、今出てる程度のVRソフトってPCいらないんじゃない?と思うほどです。VRChatも使えたので当面はこれだけで遊べそうですねw

あとは初期設定もかなり簡略化されているのでどこかに持って行っても再設定がすぐできそうな感じです。

今のところ不満に思う点はないのですが、少しVIVEより酔いやすい気はします。理由はわかんないですが。
少し弄ったら、Steamのソフトを使う方法を試してみようかな。

までVR関係はVIVEを使っていたのですが、PCを使わないVRってのがどの程度のものか気になったので、今回Oculus Questを試して見ることにしました。
Oculus Goの終了が決まったとか、Oculus QuestがPC接続ができるようになったというのも購入を後押しする一因ですね。
公式の到着日が遅かったので、アマゾン販売発送で頼んだのですが、到着予定日なのにまだ発送されてないとかのトラブルはありましたが、三日遅れでようやく到着です。
DSC_0002 箱はVIVEと比べると小さいですね。センサー類がないので当然ですが。どこかに持っていって使うのも楽そうです。箱もそこそこ頑丈そうですし。
開封してみたところ、説明書の類いが全然ねぇ!と思いましたが、アダプタの箱の中の微妙な隙間に小さい冊子が入ってました(笑)
「セットアップは公式みてね」
そういえばVIVEもこんな感じでしたね。向こうは紙っぺら1枚でしたが(笑)
あと、リファレンスガイドが1枚入っていて、スマホアプリをインストールしろとあります。
これ、買う前は知らなかったんだけど、スマホ持ってない人は注意ですね。
とりあえずアプリの場所がわからない(直接Googleplayだと偽物が怖いので)ため、まずは公式の「Oculus Questスタートガイド」を見に行ったところ、 「Oculus Quest単体」を選んだのにPCとの接続説明がでてきたり、スマホで見るとレイアウトがぐちゃぐちゃだったり、とお世辞にも解りやすいとは言えないガイドです。
QA方式で書いてるのですが、やることが上から並んでいるわけではないので何をすればいいのかよくわかりません。
とりあえず、スマホアプリ無しでも起動はできそうなので、まずは入れずに進めることにします。
DSC_0003充電を待ってる間に、コントローラーに電池を入れようとしたのですが、
どこから入れるの?( ゚д゚)
数十分格闘した挙句、下にスライドしたら開きました。そんなの直ぐわかるじゃん、と思うかもですが、これ、切り欠きとかポッチで留めてるんじゃなくて、磁石なんですよね。なので外見では開くのかどうかもよくわからない感じデス。
あと、蓋が磁石っていうのも凄く新感覚で楽しいデス。( ゚∀゚)ノシカチカチ
て、充電の方は概ね1時間半ほどで終了。
早速起動しようとするも起動スイッチがわからねー( ゚д゚)
「Oculus Questスタートガイド」のページ見ても書いてないし・・(´・ω・`)
と、思ったらよく見ると一番上に動画が。
どうせ英語じゃね?と思ったらちゃんと日本語でしたw
ちなみに起動スイッチは右横の充電ランプのところにありました。

改めて、いざ起動ー( ゚∀゚)

オキュラスマークがでて、何か表示キター

「オキュラスアプリをインストールしてください。」

結局いるのかよ!(っ'-')╮ =͟͟͞͞
🍣
ブォン

まぁ、別に入れたくないわけではないので素直にいれることにします(・ω・)
んで、起動すると、フェイスブックでログインせよとのご命令。
アカウントねぇーヽ(`Д´)ノ
仕方ないので、新規に登録(´・ω・`)モウ-メンドイワァ

ェイスブックアカウントができたので、フェイスブックでログインを選択したところ、 Oculusアカウントを作成するからと、新規ID名と認証用のメアドを求められる。
フェイスブックいらねーじゃねーか(ノ`Д´)ノ彡┻━┻
情報連携とかなんとか書いてるけどなんか釈然としません(笑) でも作らないと先にすすまないので、新規登録して、メアド認証も終了。
認証は番号がメールで送られてくるタイプなので生きてるメアドが必要です。
パスワードの設定がなかったので、ここでフェイスブック認証が使われてるってことなんですかね?
アド認証のあとはまたオキュラスアプリに戻っての作業。 プライバシー設定のあと、クレカの入力を求められますがこれはスキップ可能。 自分はプリペイド派なのでクレカ必須じゃなくてよかったわぁ。 
オキュラス001

お次はストアの暗証番号設定。 なんか入力部分が入力パッドで隠れていれた数字が見えないんだけど(笑)


ここまで終われば使用機材の設定になるのでQUESTを選択すると、Questがぐるりんと回る動画が表示されてようやく設定画面です。
オキュラス002 え?このまま設定に入るの?
結構時間かかったので、ちょっと休みたいんだけど(´・ω・`) という人は、使用機材の選択画面の下の方に【not now】というのがあるので、それを選ぶとオキュラスアプリのメイン画面に飛ぶことができます。
そのまま、終了しちゃっても、アプリを起動すると使用機材の画面から再開なので、大丈夫です(°∀°)

うちは疲れたのでここで一旦休憩です(笑)


つづく

↑このページのトップヘ